中学 数学
−1年− 
正の数負の数
文字と式
一次方程式
比例と反比例
平面図形
空間図形
−2年−
式の計算(2年)
連立方程式
一次関数
平行と合同
三角形と四角形
−3年−
式の計算(3年)
平方根
二次方程式
関数(放物線)
相似な図形
三平方の定理


中学数学1年生のポイント−文字と式−

数学の始まりは実はこの単元にあり。
−文字式の表し方、代入、項、単位換算、1次式−


 中学生のあなたが、「文章題が苦手」というのなら、
この単元からやり直すことです。

何故なら、日本語で書かれた言葉を文字にする、
それが数学の始まりといってもいいくらい、文字式というものは重要だからです。

数学では、文字を式の中に組み込みます。

そして、この単元では文字式の計算をしますが、
そこに重点を置いてはいけません。計算は算数で十分です。

「正の数と負の数」で計算は十分にできるようになっていれば、
文字を扱った計算も同じようにできるはずです。

力の入れどころ、時間のかけどころを間違わないようにしましょう。

この単元は、
日本語を数学の言葉に置きかえる、という重要な作業の基礎になります。
中学1年生の数学の中で1番重要な単元とも言えるでしょう。

この単元をしっかり理解し、文字を扱えるようになれば、
文章題は苦手ではなくなります。
つまり、次の単元にある、「方程式」が非常に楽になるということなのです。

方程式の部分部分は、文字式からできています。
それを=(等号)で結んだものが方程式です。
その方程式の部分部分となる文字式を作るための単元が、
この「文字と式」という単元で、
ここをおろそかにしている中学生は必ず、後々苦労することになります。

先ず、文字を使うということになれていない。

そして、文字を使って表すということを、
数学の言葉に置きかえるということだと、理解していない。

そのため、「数学は難しい」とこの単元で言い始めるんです。

この単元のポイントは、文字を使って式を作ることに「なれる」ことですが、
もう一つ重要なのが、単位換算です。

つまり、単位を換えて文字で表すこと。

単位を換えると言っても、g(グラム)をm(メートル)に換えるとか、
そんな馬鹿げたことはしません。

gをkgに変えるとか、mをkmに変えるとか、
またはその逆に単位をかえて表現するということです。

小学校の算数でやっているはずなんですが、
できない人が実は多いのです。

面積や体積の単位もかえられるようにしっかり算数の復習と、
文字とを組み合わせるということになれておくと良いでしょう。

文字式の意味がしっかり理解できていれば、「代入」は問題ではありません。
単なる計算となります。「代入」という言葉だけを新たに知るだけです。

この単元は、難しいわけではないのです。
数学が文字を扱うものだと知れば良いだけです。

ただ、数学で文字をあつかう場合の約束(ルール)がいくつかあるので、
それに注意して、数学の言葉を重点的に攻めると攻略は簡単になるでしょう。

例題「偶数、奇数を、文字式でどう表しますか。」 → 解説、補講
中学数学3桁の自然数問題

中学数学単元別攻略ポイント一覧へ戻る

『中学数学公式勉強法』のトップページ

 

中学1年生の数学のポイント−文字と式−